住宅型有料老人ホーム オリーブの木

住宅型有料老人ホーム オリーブの木

多世代交流型老人ホームの

私たち “オリーブの木” は、多世代交流型の住宅型有料老人ホームです。
高齢者の方に必要な介護を提供することで生活の基盤を整えるとともに、
多世代交流型ケアホームのメリットを活かして、こどもたちへの育成や地域との関わりの中で、
自尊心や自立心をもった穏やかな日常を送っていただける機会を提供する老人ホームです。

3つの介護事業

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホーム “オリーブの木” では、ご入居された方の生活の場としてお食事の提供やお身体の状況を観察し、医療が必要な方には協力病院との連携により健康にお過ごしいただけるように努めます。
また、多世代交流型施設の機能を生かし、子どもたちや地域の方々との交流により充実した日々を過ごしていただけるように取り組んでまいります。日々の生活でお手伝いが必要な方には介護保険サービスや独自のサービスをご提案いたします。

訪問介護

オリーブの木ひばるヘルパーステーションでは、日々の生活の中でご本人だけでは出来ない身の周りの事について、自ら望む生活が送れるようにサポートいたしします。

通所介護

オリーブの木ひばるデイサービスでは、お食事や趣味の活動、ひばる運動公園を活用した歩行訓練などの運動をご提供します。また多世代との交流による関わりを通して、対象となる方の意欲やその人らしい役割が持てるようにお手伝いいたします。

施設の営指針

「自信」や「自尊心」を大切にします

年齢を重ねるほど多くの方は一人ではできない事が増えてきます。
できない事が増えていくと『自信』や『自尊心』を失ってしまいがちです。
私たち “オリーブの木”は、対象となる方の出来ることに着目し、苦手なことは一緒に克服するようにお手伝いします。例えば、歩くことに不安な方でも『自信』をもって歩けるように付き添いを行います。
子どもとの関わりが苦手な方には、スタッフと一緒に少しずつ関わりを持っていただき、子どもたちの関心や、その育成に参加していただきながら『自尊心』を大切にします。

目標や思いを大切にします

「ご自身のやってみたいこと」「相手にしてあげたいこと」対象となる方の思いを大切にして、その方がその人らしく思いをかたちにできるようにお手伝いします。

地域にご参加いただきます

同じ地域で生活する一員として、多世代交流型ケアホームでの活動や地域の方との交流にも可能な限りご参加いただきます。

“オリーブの木”の

穏やかな日常

こどもたちの桧原運動公園での外遊びの時間に合わせて散歩を設定したり、こどもの教育サポーターになっていただくなど、ふれあいをケアプランに加えていきます。

食事会

四季折々の食材を使った美味しいメニューを3食365日楽しくいただけます。また月に1回ご婦人団体の協力で「家庭料理の会」を開催いたします。

花を育てる

“オリーブの木 ひばる”はガーデニングに力を入れています。(株式会社グッディ様のご指導、ご協力のもと花を育てていきます)

安 心

24時間介護スタッフ常駐はもちろん、ナース常駐で日々の生活を常時サポートいたします。

ページ上部へ