多世代交流型保育園 オリーブ保育園 桧原

多世代交流型保育園 オリーブ保育園 桧原

多世代交流型保育園の

私たちオリーブ保育園 桧原は、
多世代交流型ケアホーム“オリーブの木 ひばる”の中にあります。
こどもたちは多世代との交流やふれ合いの中で「生きる力」や「思いやり」を学びます。
福岡市営の桧原運動公園の目の前にあり、自然遊技場、広場など必要な環境が整っています。

3つの保育理念

心も体も健康で
丈夫な子ども

明るく素直に
感謝と反省が
できる子ども

想像力
豊かな子ども

保育の目標基本方針

保育の目標

  • 多世代交流や集団生活を通して多様な価値観を学び、あいさつなど基本的生活習慣を身に付け、人に対する思いやりと信頼感を育てます。
  • 自然や社会のなかで、自ら考え行動し、生きるチカラや自主性を培います。
  • 健康な心と体をつくるために食育や園外保育を通して、命の大切さ、食への感謝の気持ちを学びます。
  • さまざまな体験を通し、豊かな感性、自然や社会についての興味や関心を育て、それらに対する豊かな心情や思考の基礎を養います。

保育計画の基本方針

  • 基本的生活習慣を身に付け、健康な心と身体を育て、自ら健康で安全な生活を創り出す力の基盤を培う。
  • 少人数保育の中でこどもたち一人ひとりと丁寧に関わり、何かを伝えようとする意欲や身近な大人との信頼関係を育て、人と関わる力の基盤を培う。
  • 家庭や地域社会と十分な連携をとり、多様化する保育ニーズに応えるとともに、こどもたちが安心して過ごせる環境を整える。
  • こどもが遊びや生活の中で主体性をもって楽しみ、こども同士の関わりや多世代交流を通じて興味や好奇心を持ち、感じたことや考えたことを表現する力の基盤を培う。

について

設置者 株式会社エル・エフ・シー
設 立 平成30年3月26日
定 員 12名
保育形態 月極、一時保育、延長
開園時間 7:30~18:30
休園日 日祝日
保育従事者の設置 常時2名以上設置
嘱託医 せき小児科・アレルギー科クリニック、重富歯科医院
賠償保険 1事故につき10億円、1名につき2億円
災害対策 避難訓練を月に1回実施
警報機、火災通知設備、煙感知器、熱感知器、避難器具、非常口灯、スプリンクラー設置
所轄消防署 南消防署、桧原出張所

ページ上部へ