多世代交流型保育園 オリーブ保育園 桧原

多世代交流型保育園 オリーブ保育園 桧原

オリーブ保育園桧原の

『オリーブ保育園桧原』は住宅型有料老人ホーム、訪問看護ステーションと同じ施設内で運営されています。 一階の高齢者デイサービスフロアと共有しており、たくさんの世代の愛情に囲まれた日々を過ごしています。 少人数保育のよさを活かしながら、こどもたちが愛情を実感しながら生活する中で、おおらかで笑顔で個性を表現できる時間を作っていきたいと考えてます。

3つの保育理念

心も体も健康で 丈夫な子ども

明るく素直に 感謝と反省が できる子ども

創造力 豊かな子ども

保育の目標基本方針

保育の目標

  • オリーブ保育園 桧原は、多世代交流型ケアホーム“オリーブの木 ひばる”の中にあります。 子どもたちは多世代との交流やふれあいの中で『生きる力』や『思いやり』を学びます。 福岡市営の桧原運動公園の目の前にあり、自然遊技場、広場など必要な環境が整っています。
  • 多世代交流や集団生活を通して多様な価値観を学び、挨拶などの基本的生活習慣を身につけ、人に対する思いやりと信頼感を育てます。
  • 菜園活動を通して、食育や自然への感謝の気持ちを学びます。
  • 友だちと楽しく遊んだり、一緒に生活する中で、生きる意欲や豊かな想像力・創造力を育みます。

こども像

  • 自分でできることの範囲を拡げながら、意欲的に遊べる子ども。
    • 楽しく遊ぶ子ども
    • 創意工夫し、最後までやり遂げる子ども
    • 心地よく眠る子ども
  • 集団の中で生き生きと活動し、仲間を大切にできる子ども。・思いやりのあるやさしい子ども
    • 楽しさを分かち合える子ども
    • ありがとうを言える子ども
    • ごめんなさいを素直に言える子ども
  • 様々な体験を通して感動し、伸び伸びと表現できる子ども。
    • 感動を表現できる子ども
    • 考えたことを表現できる子ども

について

設置者 株式会社エル・エフ・シー
設 立 平成30年3月26日
定 員 12名 利用定員
保育形態 月極、一時保育、延長(7:00~7:30、18:30~19:30)
開園時間 7:30~18:30
休園日 日・祝
保育従事者の設置 常時2名以上設置
施設長名 大神 勇祐
保育責任者 諸賀 聖子
加入保険 日本スポーツ振興センター 保育サービス業総合補償制度 対人賠償 2億/ 一人10億/一事故
嘱託医 せき小児科・アレルギー科クリニック、重富歯科医院
虐待防止のための措置 虐待マニュアル作成
災害対策 避難訓練・消火訓練を月に1回実施 第一避難場所・・・テラス 第二避難場所・・・桧原運動公園
緊急連絡時における連絡先 南警察署 花畑交番 092-566-8091 南消防署桧原出張所 092-561-0096 保護者との連絡方法 災害伝言ダイヤル171

ページ上部へ